社屋の後方は八ヶ岳連峰です

はじめまして、有限会社茅野工業の概要です
「ちょっと手の掛かる」こと、「数が少ない」ものなど、応談いたします。


社名:有限会社茅野工業(ちの こうぎょう:Chino Industory)

企業理念
 『チャレンジとアイデアでより良い製品をより速く!』


代表者:所在地:資本金:従業員数
 代表取締役:小川武彦  所在地:〒391-0001長野県茅野市ちの2662番地1
 資本金:300万円 従業員数:16名


創立:昭和46年1月
 オイルショック前の高度成長期でしたが、創立直後、オイルショックで仕事は有っても加工する材料が手に入らないと言うような状態で大変苦労いたしました。
 その後幾多の荒波を乗り越え現在に至っておりますのでまだまだ大きな波を乗り越える自信はあります。


主業務:プレス金型及び各種プレス製品総合メーカー
 会社に入るなり、加工音からここはプレス屋だとすぐ分かる。 しかし、近年はこの音での判断がつかない様にしなくてはならず、大変難しいことだが環境にも配慮した工場づくりを目指しております。


製造品目:各種プレス型、プレス品(後加工、処理上がり迄) 
 あらゆる分野のプレス部品を主に関連品目まで手掛け、金型・治工具・板金・試作・溶接・タップ・処理・組立等まで県内外各方面より一貫受注も承っております
当社オリジナル商品「被せてチュー台」 は当社が企画したPC周辺アイデア品でプレス加工技術を活かしたもの、通販でも好評でした
     こんなもの欲しいなど、アイデアありましたら企画段階よりお手伝い致します。


設備:製造部門 金型部門 管理部門他
 ・製造部門は、200トン、150トンリンクモーションプレスや各種プレス機械を揃え、付帯設備もRYロボット、NCレベラーフィード等により、品物に応じた最適な機種で加工致します。
 ・金型部門は、ワイヤーカットはじめ製作設備一式揃っており、製造部門と協調し機能的金型で量産をサポート致します。
 ・管理部門は、検査器機、輸送車両等を備えお客様のご要望に敏速にお応えできるようにしております。
 その他、スケヤーシャー、ベンダー、天井クレーン、フォークリフト等も備え短納期への対応も確立しております


敷地 建物:面積
 敷地:1,800u ・ 建物:900u

「ちょっと手の掛かる」こと「数が少ない」ものなど思いついたら
                お気軽に   ご相談、承ります


 ホームページへもどります